クラフトビール 福岡 GASTRO PUB ALES エールズ 公式サイト 英国研修旅行記  3日目

クラフトビール 福岡 GASTRO PUB ALES エールズ 公式サイト

英国研修旅行記  3日目

研修3日目、この日は朝から列車に乗ってロンドンから南へ。

画像 612

ヴィクトリア駅で往復券を購入しいざ、ブライトンへ。

画像 608

駅に到着。

画像 600

街を歩くとパスティ屋さん発見!

画像 599

パスティとはイングランド南西部コーンウォール州発祥のパイのこと。
お腹にもたまるお弁当として古くから親しまれています。
街角や駅の中でよく目にします。
SEIでもときどき登場しますよ~。


ブライトンへはドーバーソール(ドーバー海峡で獲れる舌平目)のフィッシュアンドチップスを食べに行きました。
しかしブライトンへの到着時刻が早すぎたためオープンしているパブがなく、この後のスケジュールを考慮し、断念。
南下し、海岸線を散歩することに。。。

画像 592

天気もよくてすごくいい気持ち。

画像 590

歩いていたら、フィッシュアンドチップス屋さん発見!!!

画像 587

画像 581

店頭に卵のピクルスが。

画像 585

ここではドーバーソールの取り扱いがなく、タラを揚げてもらいました。
ヴィネガーかけて、、、いっただっきまーす!!!

画像 580

気持ちのいいビーチで腹ごしらえを済ませ、リベンジを誓い次なる街、ルイス。

画像 515

ブライトンから、ふた駅ほどの小さな町。

画像 557

今回、お城を見に行きました。
およそ950年前からあるようです。

画像 534

お城の入り口。

画像 552

頂上からの景色。

画像 541

天気にも恵まれ最高でした。

お城を後にし、街を歩いているとパブを発見。
入ってみると、すごくいい感じに味のある雰囲気。

宿泊も出来るようで、パブと呼ばれるようになる前のタバーンのスタイルのままでした。
もともとインと呼ばれる、宿泊施設がパブのルーツといわれています。
そのインにお酒や食事を出すスタイルを組み合わせたのがタバーン。

その後、お酒と食事を出す酒場がパブとなったという一説です。

画像 530

日本に留学してたんだよ!!と興奮していた、パブで働く感じのいいお兄さん。

聞けばこのパブ、500年前からあるそうです。

画像 524

早々とルイスを後にし、ロンドンへ。
ロンドンブリッジ横のバラマーケット。

画像 511

猪肉のカンバーランドソーセージ。

画像 513

いろんなパイがたくさん。

画像 514

ニシンの燻製。キッパーヘリング。

画像 508

そうこうしてると、もう日が暮れてきます。

この日の1件目はベルギー料理屋さん。ベルゴセントラル。
すごく流行っているようで、ウエイティングがすごかったです。
写真はムール貝のクリーム蒸し。鍋一杯に出てきてすごく食べごたえあり!
貝の味がしっかり濃くて、おいしかったです。

確か、、ヴァイツェンで乾杯です。
店内が暗くて写真が撮りづらかったです。

画像 501

そして2件目。
スコットランド産ビーフのステーキ屋さん。

画像 494

ティーボーン。

画像 497

そして、ヒレ。

画像 496

さすがに食事に2件行くとお腹がぱんっぱんです。(笑)

でも帰りはホテル近くの我らがホームグラウンドにて。
シメの1パイント。
おいしいからついつい量を飲んじゃいます。

画像 493


つづく。。。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/04(月) 15:43:46|
  2. England〈英国にて〉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英国研修旅行記  4日目 | ホーム | 英国研修旅行記 2日目 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alescook.blog.fc2.com/tb.php/12-e2587c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)