クラフトビール 福岡 GASTRO PUB ALES エールズ 公式サイト 「我ら、九州の地ビールフェア!」

クラフトビール 福岡 GASTRO PUB ALES エールズ 公式サイト

「我ら、九州の地ビールフェア!」



地元、九州の地酒まるごと飲み歩き。樽生地麦酒!
今年は全天候型の大型テント会場!
2011年ワールド・ビア・アワード/ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワード金賞受賞ビール限定発売!
九州地ビールフェア・スペシャルビール限定発売!
各地の美味しいおつまみもお楽しみいただけます!

☆☆☆出店地ビールブランド☆☆☆

杉能舎ビール http://www.suginoya.co.jp/
★杉能舎アンバーエール (クラシックイングリッシュエール)
★杉能舎スタウト (ロブストポーター)
★杉能舎ペールエール (ゴールデンエール)

ホテルオークラ福岡 http://www.fuk.hotelokura.co.jp/restaurant/guide/index.html
★シェーンアルト (アルト)
★アルス (ケルシュ)
★DAIKOKU (スタウト)

霧島酒造(霧の蔵ブルワリー)http://www.kirishima-fg.jp/facilities/brewery.html
★ブロンド (ライトラガー)
★スタウト(ダークラガー)
★日向夏 (フルーツビール)

宮崎ひでじビール http://www.hideji-beer.jp/
★太陽のラガー
★花のホワイトヴァイス
★月のダークラガー
★季節限定ミルクスタウト
★森閑のペールエール 
★日替わりでビール4種類

薩摩酒造 (花渡川ビアハウス) http://www.kedogawa-beer-house.com/
★薩摩ゴールド (ライトラガー)
★薩摩パープル (ライトラガー)
★薩摩ブラック (ダークラガー)

薩摩麦酒(国分)http://www.satsuma-beer.co.jp/
★ヴァイツェン (ヴァイツェン)
★ヴァイツェンドュンケル (濃色ヴァイツェン)
★ドュンケル (黒ビール)

ゆふいんビール http://www.yufuinbeer.co.jp/
★ゆふの豊純(ヴァイツェン)

くじゅう水泉郷 http://www.kujyukogen-kk.co.jp/
★風-WEIZEN(ヴァイツェン)
★星-STOUT(スタウト)

熊本クラフトビール
★熊本クラフト・ダークラガー (ダークラガー)
★熊本クラフト・ピルスナー (ピルスナー)

不知火浪漫麦酒(福田農場ワイナリー)http://www.fukuda-farm.co.jp/
★カルメン (アンバーエール)
★ソレイユ (ヴェイツェン)

ニヘデビール http://nantosyuzo.ti-da.net/
★ニヘデビールソフト(ケルシュ)
★ニヘデブラックエール

ヘリオスブルワリー http://helios-syuzo.co.jp/  
★ゴーヤDRY (ライトラガー)

ちょんまげビール(山口萩ビール)http://www.hagibeer.co.jp/  
★ちょんまげビールアルト (アルト)
★ちょんまげペールエール (ペールエール)

金賞受賞ゲストビール 【数量限定発売】
■2011年ワールドビア・アワード■
★大山Gビール(鳥取県) 【ウィートビール・オールモルト部門】http://g-beer.jp/
★富士桜高原麦酒(山梨県) 【ラガービール・フレーバードラガー部門】http://www.fujizakura-beer.jp/

■ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワード■
★箕面ビール(大阪府) 【ストロング部門】http://www.minoh-beer.jp/

九州地ビールフェア スペシャルビール 【数量限定発売】
★バーレーワイン 九州ブルワーズ共同仕込み

九州地ビールメーカーのオークラブラッスリー(ホテルオークラ福岡)、門司港レトロビール、宮崎ひでじビールの ビール職人が互いの 醸造技術を持ち寄って共同で開発したビールです。
レシピの作成、仕込みから発酵・熟成に至るまで、各社の知識を持ち寄って、オークラブラッスリー醸造所にて職人同士力を合わせて仕込みました。
原料のモルトを通常の2倍使用することで、モルト特有の芳醇な味わいと豊かな香りが特徴となっています。 モルトにウインナーモルト、 カラメルモルトを用いる事で、香ばしい味わいと重厚な琥珀色を実現しました。 さらに、ケントゴールディングスホップをふんだんに用いているため、濃厚な苦味と華やかな香りが印象的です。

アルコール度数が約8%と高いため、バーレイワイン(麦のワイン)と呼ばれる種類のビールになります。 発酵にはシャンパン酵母とエール酵母を混合して用い、じっくりと 高温発酵させることで、甘酸っぱいフルーティな味わいを演出しました。
通常のビールの様に、ゴクゴクと飲み干すのではなく、味と香りを楽しみながら少しづつ飲んで頂ければと思います。

エールズのメールマガジンご登録はコチラから
http://www.at-ml.jp/?in=63615

ザ・ゴールデンももち2012 九州地ビールフェア公式ページはコチラから





スポンサーサイト
  1. 2012/04/17(火) 18:47:55|
  2. Event〈催しごと〉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GW期間中の営業日のお知らせ | ホーム | フェイスブックページはコチラから!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://alescook.blog.fc2.com/tb.php/59-fddcb319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)